高さ約700m!大迫力の世界遺産ペリト・モレノ氷河ツアー【エル・カラファテ観光情報】

おトクな情報をLINEでお届け!
特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

こんにちは!いざぽんです。
今回は、仲間で中南米世界一周中に訪れたアルゼンチンの都市「エル・カラファテ」をレポートしてみたいと思います。

フィッシングツアーに参加したり、観光名所である世界遺産 ペリト・モレノ氷河を訪れていますので、是非参考にしてみてくださいね!

エル・カラファテとは

エル・カラファテ(El Calafate)は、アルゼンチンサンタ・クルス州にあります。
世界遺産に指定されたロス・グラシアレス国立公園への入り口となる都市です。

物価について

アルゼンチンは10年以上に前から経済が破綻し、闇両替屋が横行していました。
僕らのような旅行者は、闇両替屋でUSドルをペソに交換する事でリーズナブルに旅行する事ができていました。
2015年12月に大統領が代わり、暗黙の了解とされていた闇両替もとうとう廃止になり、物価が高くなっています。

2016年2月13日現在のレートはこちら

  • 1USドル=15.5アルゼンチンペソ
  • 1アルゼンチンペソ=7.3円

空港から市内への移動方法

エルカラファテ空港の出入口

エルカラファテ空港から市内までの行き方は、タクシーかシャトルバスになります。

  • タクシー 1台480ペソ(約3,504円)
    所要時間:約20分
  • シャトルバス 1人160ペソ(約1,168円)
    所要時間:約1時間

シャトルバス

後ろのコンテナにバックパックを詰め込みます。
ホテル名を告げれば順番に降ろしてくれます。

■ホテルから空港へのシャトルバス
ホテルから空港への移動でシャトルバスを利用する場合は、電話かネットで飛行機の時間を連絡すればホテルに向かえに来てもらえます。
※前日までに予約が必要です。

チケット

■TAX BOXを利用する場合
街に点在しているTAX BOXを利用する場合は、直接行ってホテル名を告げれば向かえに来て貰えます。
一台300ペソ(約2,163円)

TAX BOX

街情報

中心部

エルカラファテの街の中心部は「エルカラファテバスターミナル」前の階段を降りて、お土産屋さんを抜けた一筋目の大きな通り(Av. del Libertador Gral. San Martín / RP11)です。
この通りに、レストラン、スーパー、ATM、お土産屋さん、旅行会社などが集まっています。

地図の1番左からFUJI旅館 → ホットドック屋さん → カラファトフィシング → bank → バスターミナル → スーパーマーケットです。
バスターミナルの下が今回の安宿「ホステルブエノスアイレス」です。

銀行(ATM)

(上記地図の)「Bank of Tierra del Fuego」銀行の場合
キャッシュカードで降ろせる最大額は2,000ペソ(約14,679円)
ATM手数料は94.2ペソ(約691円)かかりました。

安宿

エルカラファテに日本人宿があるという情報を得て、最初はFUJI旅館に泊まる予定でした。
朝ごはんにお味噌汁が食べれるのと、釣りができるということでこの宿に惹かれました。
旦那さんが日本人で奥さんが韓国人。
今は宿泊客のほとんどが韓国人のようです。
前日ブエノスアイレスの空港から電話すると、直接来てくださいと言われました。

いざ行ってみると空きがありませんでした。
僕らは「お昼くらいに行く」と言っていましたが実際は15時過ぎていたので、奧さんは来ないと思ったよう。

空いている安宿を調べてくれて車で送って貰ったこともあり「ホステル ブエノスアイレス」に宿泊することに決めました。
立地的にはバスターミナルまで歩いてすぐなので便利でした。

ホステル ブエノスアイレス

食事

お洒落なレストランやカフェはたくさんありますが、値段が高いので僕らはほぼ自炊をしていました。
お店ではサラダ一皿 約180ペソ(約1,300円)、メイン料理一品 約250~300ペソ(約2,190円)はします。

ホットドック屋さん

繁華街の外れのホットドック屋さんは、ひとつ45ペソ(約328円)でボリュームもあり、お腹を満たすには安上がり!
味もまぁまぁ良かったです。
近所の子供達もおやつ代わりに買いに来ていました。
ホットドックは陳列棚に並んでいる野菜のトッピングを二種選べます。

ホットドック

アイスクリーム屋さん、チョコレート屋さん、パン屋さんもそこら中にあり、値段もそんなに高くないです。

アイスクリームの陳列棚が2つあり種類が豊富。

アイスクリーム1つ20ペソ(約145円)
ダブルで30ペソ(約218円)


自炊アドバイス
通りには2軒のスーパーマーケットがあります。
地図の1番右端のスーパーの方が値段表示がしっかりしていて分かりやすいと思います。

スーパーやお肉屋さんでアルゼンチン牛を買って、バーベキューやステーキにするのがお勧め。
ニンニク、玉ねぎ、塩胡椒で炒めるだけ。

お肉4枚600g 110ペソ(約800円)

アルゼンチンはお肉が安くて、しかもめちゃくちゃ美味しいですよ。
日本のステーキハウスの高級ステーキレベルの肉の柔らかさと美味しさでした♪

バーベキュー施設がある宿なら野外BBQも可能。
炭はお肉屋さんやスーパーで売ってます。

トラウトフィッシングツアー

エルカラファテはトラウト(ニジマス)フィッシングのメッカです。
日本人宿 FUJI旅館では、オーナーが釣りのツアーを開催しています。
僕らが行った時は寿司バーの営業が忙しく、ツアーは実施していませんでしたが釣り道具だけレンタルしてくれました。

ガイド付きで、本格的にトラウトフィッシングをしたい場合は「カラファテフィッシングショップ」でツアーを開催しています。

カラファテフィッシングショップ

ツアー料金

リコリバートラウトフィッシング

  • 市内からは約30分の場所
  • 半日フィッシング
    200USドル(約22,783円)
    宿からの送迎代、釣り道具レンタル、ガイド料、朝食 パン、ホットドリンク付き
  • 1日フィッシング
    300USドル(約34,174円)
    宿からの送迎代、釣り道具レンタル、ガイド料、朝食、お昼ごはん付き
    カードで支払う場合は10%の手数料が掛かります。

ガイドつきなので、釣れるポイントへ連れて行ってくれます。

釣り道具屋さん

ツアー内容

フィッシング当日(2月11日)朝から雨が降っていましたが、天気予報では回復に向かう予定だったので気にはしませんでした。
朝8時に宿でピックアップ。

ポイントへ向かう間に雨はすっかり止んでいた。

エルカラファテの街の近くの「アルヘンティーノ湖」もターコイズブルーに染まって綺麗。

リコリバーのポイント

宿を出てから約30分でリコリバーのベースに到着。
遠くにペリト・モレノ氷河も見えて、優雅に釣りをするには最高のロケーションです。

遠くに氷河も見える

朝食(ツアー料金に含む)

9時から朝食を摂ってフィッシングスタート。

フィッシング用のオーバオールの防水パンツを履く。

釣り竿は、スピニングタイプとフライフィッシング用があります。
この日はかなり風が強かったので、毛針を糸の重みで飛ばすフライフィッシングは不向きだと思い、僕は使い慣れているスピニングタイプのロッドで釣りをすることにしました。

釣り竿

ガイドのフェネリコが、その時のコンディションに合うルアー(疑似餌)の選択やルアーを投げ込むポイントを指定してくれて、至れり尽くせりでした。

針に引っ掛かった藻も毎回外してくれる。

まずは小さめのニジマスをゲット。

釣った魚はすぐにリリース。

続いて2匹目ゲット。

3匹目ゲット。

ルアーの種類をスプーンからスピナーに変えて4匹目ゲット。

5匹目は本日一番の大物ゲット!

本当は宿に持ち帰って食べたかったのですが、今回はスポーツフィッシングなので、キャッチ&リリースで川に返してあげます。
お昼13時フィッシング終了。
14時ガイドのフェネリコに宿まで送って貰いました。

フェネリコありがとう。

ペリト・モレノ氷河ツアー

世界遺産 ペリト・モレノ氷河を見る方法は、観光バスで国立公園まで行き、バルコニーから観賞することができます。

仲間は氷河の上を歩けるトレッキングツアーに参加しました。
僕は以前ニュージーランドの氷河トレッキングに参加した事があるので、今回は氷河をフェリーから見るツアーにしました。

2月12日、エルカラファテバスターミナル9時発のバスに乗り込み出発。

バス内のようす。

10:00に国立公園の入り口で、入場料330ペソを徴収されます。
パークのパンフレットとチケットを手渡されました。

パンフレットとチケット

10:50ペリト・モレノ氷河のターミナルに到着。

バスの中でツアーの説明がある

バスに乗っていたガイドがツアーの説明をしてくれましたが、スペイン語なので聞き取れませんでした。
(16時出発で、15分前集合ということはわかりました。)

フェリーから氷河を観る人はチケットを購入する必要があるため、バスを降りて直ぐの小屋に並びます。

チケット売り場

運行スケジュールが貼ってある

フェリー代は入場料とは別途で大人1人400ペソ(約2,917円)
僕らは11:45発のチケットを購入しました。

チケット売り場の建物

この小屋の隣にはカフェテリア、その奥には無料でwifiが使えるカフェレストランがあります。

トイレもある

自由に座れるスペースがたくさんある。

氷河の見えるバルコニーまで結構歩くので、トイレや食事はここで済ませていく方がいいです。
帰りのバスまで時間が余ったら、ここでのんびりするのもいいと思います。

バルコニーの窓

バルコニーの窓から氷河が一望できます。

僕らは氷河を見たかったため足早にバルコニーへと向かいました。

あらゆる角度から氷河を眺める為に、窓は色々な場所に設置されています。
1番近くのバルコニーで徒歩20分、奥までは1時間近く掛かると思います。

ペリト・モレノ氷河

「おおー、これがあの有名なペリト・モレノ氷河か!」

面積は約250平方キロメートル、高さはなんと約700m
この氷河は1日当たり約2mの速さで湖へと流れ込んでいるそう。
先端が少しずつ崩れ堕ちているので、実際には前には進んできていないらしいです。

氷河を眺めているとハプニングが。
フェリー乗り場の場所の確認を忘れていて(氷河の近くだと思い込んでいた)乗り過ごしてしまいました。
あわてて購入場所に戻ると、すんなりと11:45発から13時発に変えてくれました。

フェリー乗り場は、1番上のポイント。
バスを降りたところから直ぐ近くでした。

クルージングスタート

約1時間のクルージングです。
座席につき説明を聞いた後、デッキに上がれるようです。

デッキからの眺め

フェリーに乗った感想は「うーん。3,000円近くも払う価値はなかったかなぁ?」
バルコニーよりもっと氷河に近けると思っていたけど、そんなに近づいてくれなかった。
氷河近くのバルコニーで、氷河が崩れる瞬間を待っていた方が良かったと思いました。

15:00くらいまで氷河を堪能し、バス停まで戻り
16:00発のバスで、エルカラファテまで帰りました。

ペリト・モレノ氷河 観光まとめ
エルカラファテからペリト・モレノ氷河はバスで片道約1時間20分

  • 行き
    エルカラファテ(9:00、13:00発) → ペリト・モレノ氷河(10:20着)
    バス代:450ペソ+バスターミナルTAX:10ペソ(合計約3,376円)
    国立公園入場料:330ペソ(約2,409円)
    氷河を観賞するフェリー:400ペソ(約2,935円)約1時間のクルージング
    ※ボート出発時間:10:30、11:45、13:00、14:30、15:45
  • 帰り
    ペリト・モレノ氷河国立公園(16:00、19:30発) → エルカラファテ(17:20、20:50着)
  • エルチャンテンへのオープンチケット
    次の目的地であるエルチャンテンまでのチケットをまとめて購入する事で、150ペソの割引きが効きます。
    18:00発→バス→20:45着エルチャンテン
    合計1,200ペソ+10ペソtax(約8,833円)
その他のツアー

  • 氷河トレッキング
    ミニトレッキングツアー2,500ペソ(約18,348円)1.5時間
  • BIG ICEツアー 4,000ペソ(約29,358円)3時間
  • カヤックツアー
  • ラフティングツアー

エルカラファテ発バス情報

エルカラファテバスターミナル発のバスは、エル・チャルテン行き2社、プエルト・ナタレス行き3社、ペリト・モレノ氷河行き3社があります。

プエルトナタレス行き「TURISMO ZAAHJ」

ターミナルの入口をはいって左から2件目

■プエルトナタレス行き

  • 火、木、土曜日 8:00発
    月、水、金曜日 16:30発
  • バス料金:500+10ペソtax(約3,723円)

プエルトナタレス行き「COOTRA」

ターミナルの入口をはいって左から3件目

■プエルトナタレス行き
《毎日運行》

  • エルカラファテ 8:30発 → プエルトナタレス 13:45着
    バス料金:500ペソ+10ペソtax(約3,723円)
  • エルカラファテ 16:30発 → プエルトナタレス 21:30着
    バス料金:500ペソ+10ペソtax(約3,723円)

エルチャンテン行き「chalten travl」

ターミナルの入口をはいって左から4件目

■エルチャンテン行き

  • エルカラファテ → エルチャンテン
    8:00、13:00、18:00発
    バス料金:片道450ペソ+10ペソtax(約3,358円)
  • エルチャンテン → エルカラファテ
    7:30、13:00、18:00発
    バス料金:往復900ペソ+10ペソtax(約6,643円)

エルチャンテン・ペリトモレノ氷河行き「CAL TUR」

ターミナルの入口をはいって左から5件目

■エルチャンテン行き

  • エルカラファテ → エルチャンテン
    所要時間約2時間45分
    8:00、13:00、18:00発
    バス料金:片道450ペソ+10ペソtax(約3,358円)
  • エルチャンテン → エルカラファテ
    8:00、13:00、18:00発
    バス料金:往復900ペソ+10ペソtax(約6,643円)

■ペリト・モレノ氷河行き

  • エルカラファテ 9:00、13:00発 → ペリト・モレノ氷河
    所要時間約1時間20分
    バス料金:450ペソ+10ペソtax(約3,358円)
    入場料:330ペソ(約2,409円)
  • ペリト・モレノ氷河 16:00、19:30発 → エルカラファテ 17:20、20:50着

エルチャンテン・ペリトモレノ氷河行き「TAQSA」

ターミナルの入口をはいって左から6件目

■エルチャンテン行き

  • エルカラファテ → エルチャンテン
    7:30、16:30、18:00発
    バス料金:片道450ペソ+10ペソtax(約3,358円)
  • エルチャンテン → エルカラファテ
    11:30、19:45発
    バス料金:往復800ペソ+10ペソtax(約5,913円)

■ペリト・モレノ氷河行き

  • エルカラファテ 8:30、14:30発 → プレトモレノ氷河
    バス料金:450ペソ+10ペソtax(約3,358円)
    入場料:330ペソ(約2,409円)
    オプション:フェリー代400ペソ
  • ペリト・モレノ氷河 14:30、20:00発 → エルカラファテ
    バス料金:410ペソ(約2,993円)

プエルトナタレス・ペリトモレノ氷河行き「RED PATAGONIA」

ターミナルの入口をはいって1番右端 7件目

■プエルトナタレス行き
《月~土曜日のみ運行》

  • エルカラファテ 5:30発 → プエルトナタレス 11:45着
    バス料金:550ペソ+10ペソtax(約4,088円)
  • エルカラファテ 8:00発 → プエルトナタレス 13:45着
    バス料金:500ペソ+10ペソtax(約3,723円)
  • エルカラファテ 16:30発 → プエルトナタレス 21:30着
    バス料金:550ペソ+10ペソtax(約4,088円)

■ペリト・モレノ氷河行き

  • エルカラファテ 9:30発 → ペリト・モレノ氷河 11:00着
    バス料金:450ペソ+10ペソtax(約3,358円)
    入場料:330ペソ(約2,409円)
    オプション:フェリー代400ペソ(約2,920円)
  • ペリト・モレノ氷河 15:30発 → エルカラファテ 16:45着
いざぽん
僕らは、5件目の「CAL TUR」で購入しました。

まとめ

釣りの聖地」とも言われるエルカラファテで釣りができて良かったです!
景色も良くて、ゆったりと楽しむのには最適です!

氷河に関しては迫力があって見ごたえありますが、フェリーのツアーはおすすめしません(笑)

やはり物価が高いので、ツアーやレストランも行きたいところをしぼることをオススメします!

この記事では2016/2/10-12に訪れた際の情報を載せています。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!
なにか質問がありましたら、お気軽にメールフォームよりご連絡下さいね。

僕たちの世界一周をクリックで応援していただけると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





この記事をシェアする

「ナッツベリー みんなで世界一周計画」をお友だち登録してね!

おトクな情報をLINEでお届けします!

特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

ナッツベリーでは世界一周飲み会アウトドアイベント・ツアーを定期的に開催♪ LINE@メンバーになって仲間とイベントを楽しもう! 仲良くなれば一緒に旅に出るメンバーも見つかるかも★ あなたのご参加をお待ちしています!

ABOUTこの記事をかいた人

いざぽん(代表)

2016年11月~2017年4月までの約半年間、仲間を募って中南米一周してきました。 夏のシーズンは、アウトドアクラブNuts(ラフティングカンパニー)の代表を務めています。オフシーズンはアウトドア系社会人サークルのイベント(ボードツアーなど)行っています。また、ラフティングトレーニングやアウトドアの遊びの研究をするため、海外に出かけたりしています。 旅やアウトドアに興味がある方はぜひお友達になりましょう♪