自己紹介




伊里恒一(いざぽん)のプロフィール

about_raft

ラフティング会社代表、リバーガイド、アウトドアサークル代表、スノーボードインストラクター、ラジオパーソナリティー

所持資格
  • NZRA(ニュージーランド政府公認リバーレスキュー講習資格)
  • レスキュー3 スイフトウォーターテクニシャン1(アメリカの救急救助活動資格)
  • 赤十字救急法
  • 赤十字水上安全法救助員養成資格
  • JSBA スノーボードインストラクター資格
  • PADI オープンウォーター&アドバンス、ダイビング免許
  • 小型船舶免許

伊里恒一の歴史

出身

生まれは兵庫県神戸。両親は中華料理店をやっていました。
2人姉弟で姉がいます。

学生時代

いきなりですが、僕は高校を中退しています。
中学、高校と学校の勉強が大嫌いでした。
勉強をする理由がわからなかったからです。

小学校のころからとにかく遊びに夢中でした。
友達と大人一人乗り用の小さなゴムボートで、明石川の上流から淡路島まで行こうとして漂流したり。
明石の松江の海水浴場から泳いで淡路島まで行こうとしたり。
海岸や河辺リで釣りやキャンプ、焚き火(火おこし)などをしていました。

同級生が大学に入学したり、就職をしていた頃。
「良い大学、立派な会社に入っていないやつは負け組みだ」と言われました。
まだ二十歳になっていないのに、もう勝ち負けが決まっているのか?と強く反発を覚えました。

それと同時に「自分が社長になればいいんだ。成功できたらいいんだ。」と思いました。
勉強も嫌いで頭も良くない僕がどうしたら社長になれるのか。
そればかり考えるようになりました。

運送業時代

個人事業を始めようと思った僕は、ローンを組んで軽トラックを購入しました。
個人事業主(兼ドライバー)として、運送会社から仕事を貰いました。(赤帽のようなシステムです。)

軽トラックは大型トラックに比べて、配送できる物量は少ないものの、営業ナンバー(黒ナンバー)を個人でも簡単にとることができます。
会社から仕事は貰えていましたが、給料面ではマージンとして20%引かれてしまい、食べていくのがやっとの状態でした。

個人でも仕事を探すため、僕はスーツに着替え、100枚の名刺を持って色んな企業を回りました。
しかしバブル崩壊後で仕事が無く、車両も余ってると言われ、どこの企業にも相手にされませんでした。
結局100枚の名刺が無くなるまで断り続けられたのは、精神的に辛かったことを覚えています。
情報誌に高額な費用をかけて広告を掲載してみても、年に1度依頼がくるだけでした。

ある日、お客さんから「二階にある洋服ダンスを運びたい」という事で問い合わせがありました。
二階ベランダはかなり複雑な形で、どうやってこの部屋に運んだかわからないくらいでした。
タンス自体もかなり高価なもの。傷つけるといけないので、せっかく舞い込んだ仕事でしたがお断りする事になってしまいました。
個人事業のためには、運送だけでなく引越しの仕事も一から勉強しないと駄目だと思ったきっかけでした。

引越し屋時代

引越し屋さんは儲かると知ったこともあって、さっそく創業まもない企業に入りました。
自前の軽トラックを使った仕事も別途請けることで、少しは稼ぎになっていきました。

僕は引越しの仕事をマスターするため、この会社で夜遅くまで働きました。
2ヶ月間休みが無い時期もありましたが、体力だけは自信がありました。

仕事を急げば雑になり、事故も起こりやすい。慎重にやり過ぎるのもなかなか仕事が終わらないし逆にだれてしまう。
仕事が出来る人の良い点を習うことによって、どうしたら効率よく人を動かすことができるか、時間を短縮できるかを工夫して試行していきました。

働きだして一年ほど経った頃、ようやく大きな引越しのリーダーを務めさせてもらう事になりました。
通常4トンロングの引越しは1日掛けて仕事をしますが、僕の場合午前中には全て終わらせるくらいにまでになっていました。

他の作業員はいつもビックリしていましたが、僕には誰にも真似のできない、究極に早く仕事を終わらせる秘訣があったのです。
それは、どんなに狭い道沿いにある家でも、トラックの積み下ろし部分を玄関の位置にぴたりとつける技をあみ出したからでした。
お客さんからも、作業が早くて丁寧だと良く言われるようになり、ご祝儀の月トータルも僕がたいていトップになりました。

2年半の修行を積んだ結果、専務に認められ2トントラックを譲ってもらえることになりました。
営業ナンバーの費用も会社が負担してくれ、それからは自分で仕事をとってくることで生計を立てることができました。

この経験から、やればできるんだという実感と自信がついていきました。

1997年 社会人サークル発足

about_nuts

当時、両親は兵庫県の加古川で中華料理店をやっていました。
事情があり、僕は一緒にお店を手伝うことに。中華居酒屋として経営、厨房に立つことになりました。

お店は退屈だったので、毎日遊びに来てくれる常連さんを作ろうと社会人サークルを始めました。
最初は自分が集めた仲間とお店でワイワイ楽しめればいいと思っていました。
毎週の飲み会が定着しだした頃、そのうち週末には野外BBQ、更にはスノーボードやダイビング、海外ツアーも行うようになってきました。

自分が面白いと思った企画をすれば、どんどんメンバーさんが集まってきて、笑顔になって楽しんで帰っていく。
そんなサークル活動にどんどん惹かれていきました。
イベントから帰ったあと「すごく楽しかった。ありがとう」といったメールを参加者全員からもらったこともありました。
やっぱり、みんなが心から楽しんでくれるって素晴らしいことだなと思いました。

アウトドアサークル ナッツベリー http://hodugawa.com/nutsbery/
※現在は、お店を辞めて大阪でアウトドアの仕事をしながらサークルを運営しています。

2004年 ラフティング会社設立

about_nuts002

サークルはアウトドアを中心に活動していましたが、僕はより「アウトドアを極めたい」と思っていました。
その中でも僕はラフティングに興味を持ち、2001年からラフティング会社に弟子入りしトレーニングを始めました。
運送の仕事も続けながら、時間が作って必ず川に出るようにし、誰よりも多く川を下るように努めました。
ここでも、やればできるという自信を持っていたので、粘り強くチャレンジできたのだと思います。

そしてリバーガイドとして上司にも認められ、2004年に独立、ラフティング会社アウトドアクラブNutsを設立することができました。
はじめはラフティングボート1艇から始めた小さな会社でしたが、現在は100名位の団体様まで受けることができる規模になってきました。

アウトドアクラブ ナッツ(ラフティング会社)http://hodugawa.com/

2006年 サークルで世界一周

about_sekaiissyu2006

日本のアウトドアはもちろん、今度は世界を旅し、世界のアウトドアを知りたいと思い、第1回目のみんなで世界一周計画をたてました。
僕は英語は全くしゃべれないし、個人旅行の経験も無い、資金は500円玉で貯めた100万円という状況でした。
総勢16名の仲間が参加し、半年間のバックパッカー旅行のすえ無事日本に帰って来ました。

みんなで世界一周計画 第1弾 エピソードまとめ

2011年 東日本大震災 支援活動

about_touhoku

2011年3月11日に東日本大震災が起こった時は、サークルの仲間と支援活動を行いました。
みんなで東北に向かい、現地に物資を運んだり、炊き出しを行ったり、お家の中に入り込んだ泥をかき出したりしました。
瓦礫だらけの中で生活しているおじいちゃん、おばあちゃん達を、毎日ナッツベリーのマイクロバスで温泉に連れて行ったりもしました。
東北までいけない人は活動資金を貯めるために、お花見などの野外パーティーで、ステッカーやヒマワリの種を販売したり、フリーマーケットも行ったりしました。

東日本大震災 支援活動レポート

2016年 熊本地震 支援活動

about_kumamoto

東日本大震災時の支援活動の仲間が活動開始したことにも背中を押され、まずは僕が単独で熊本入りをし炊き出しをしました。
その後、大阪に戻り、現地のボランティア事務所と協力し、支援ボランティアバスツアーを企画しました。(NPO法人での募集記事
炊き出しや瓦礫撤去など計4回の支援活動を行いました。

熊本地震 支援活動レポート

いつも楽しいことばかり考えて遊んでいるサークルですが、こういう時こそ仲間の力を合わせて活動する時だと思います。
このように今後も社会に貢献できるサークルを目指していきたいです。

2016年 再びサークルで世界一周

about_2016

現在、第2回目の世界一周計画を実行中です。
大自然や文化遺産巡りはもちろんのこと、その地で暮らす人々との出会いや交流も積極的に行い、ラフティングやトレッキングなどの世界のアウトドアにもチャレンジしていく予定です。

みんなで世界一周計画 第2弾 記事はこちら

メディア露出

テレビチャンピオン「イカダ川下り王決定戦」優勝

about_ikada

チャレンジ精神旺盛な僕は2006年度にテレビチャンピオン「イカダ川下り王決定戦」に出場しました。
競技内容は第一ラウンド埼玉県の長瀞で障害物レース。第二ラウンド群馬県水上の激流レース。第三ラウンド荒川河口でイカダレースでした。
4名一組のチームでレースをします。
僕はもちろんラフティングガイド仲間を集めて参加し、みごと優勝しました。

世界旅行セミナー 講師出演

about_semi

「世界旅行の楽しさと仲間での旅について」
2006年に仲間で世界一周をしてきた様子をセミナーにて紹介しました。
動画でも旅の様子を感じていただき、「仲間で行く旅の魅力とハプニング」についてお話させていただきました。

講演場所:大阪産業創造館
詳細:http://www.sekatabi.com/seminar/

世界一周 本の出版

2006年に行った世界一周の仲間の旅のエピソードを書籍にする予定でした。
実際にイカロス出版様で担当の方と書籍化に向けて動いていましたが、諸事情でお蔵入りに。

エピソードはサイトに掲載していますので、是非見てくださいね。
みんなで世界一周計画 第1弾 エピソードまとめ

ラジオ番組「ソラトニワ梅田」出演

about_radio

ラジオ番組「ソラトニワ梅田」でアウトドアサークルナッツベリーのイベントの内容や、今後の方向性などサークルの魅力について語ってきました。
阪急百貨店うめだ本店9階・祝祭広場にあるサテライトスタジオにて収録。
ラジオ詳細はこちら

現在、ラジオパーソナリティーとして活動中

about_radio002

アウトドアインストラクターで、世界一周も経験して来た僕が「世界の旅情報」や「世界のアウトドア事情」についてお話しします。
毎回サークルメンバーさんをゲストとしてお迎えし、アウトドアライフについて語ったり面白トークをしていく番組です。

ラジオ詳細はこちら

学んでいることや趣味

世界の川で修行中

about_sekaioutdoor

2006年の世界一周では最も過酷な川で激流下りをしたり、1000メートルの高さから崖を降りるアブセイリングというアクティビティに挑戦したり、世界のアウトドアスポーツにも挑戦しながら旅を続けてきました。
2009年からのオフシーズンはニュージーランド、ネパールなどの激流の川でトレーニングを行っています。
現在は海外にてラフティング会社を作る計画も立てています。

DJ

about_dj

洋楽・クラブミュージックを好きなこともあり、曲をミックスさせたり、音楽を作ろうとDJの勉強中です。
主にサークルのナイトイベントを盛り上げるために活用しています。

お酒・飲み会

about_nomikai

仲間と交流しながらお酒を飲むのが好きです。
飲み会イベントを盛り上げるため、カクテル作りも学びました。

僕は中華料理屋の経験があるので、料理を作ったりもします。
実際に大阪飲み会でも皆さんに振舞っていました。

これからの目標

社会人サークルとして活動してきたナッツベリー。
これまで「世界一周飲み会」と題して、月に1回程度飲み会を開いてきましたが、海外に興味があるメンバーが揃うので毎回大変盛り上がっていました。

これからも世界のアウトドアや旅について興味があるメンバーを募って、みなさんに友達作りの場を提供していきたいです。
また、そんな仲間たちとの交流「飲み会・BBQ、国内でのアウトドアイベント(旅行やキャンプ、ラフティングなどのアクティビティ)」を開催し、最終的には「海外ツアー、世界一周」を楽しめる仲間作りをしていきたいです。

このサイトはそんな仲間作りと、役立つ海外情報発信の場として成長させていければと思っています。

僕は新しいことにどんどんチャレンジすることが人生で一番楽しいと思っているので、これからも仲間と面白いことを探してチャレンジしていきたいと思います。

ご連絡待ってます

海外のこと、アウトドアのこと、イベントのことなど気軽に何でも聞いてください!
仲間が欲しい・・などご相談OKです!

色んなアウトドアに挑戦してみたい!
ラフティングなどの仕事をしたいと考えている人も是非お問い合わせくださいね。
ご連絡お待ちしています!

メールアドレスの入力が間違っていて返信できないケースもあります。
返事が来ない場合は【cja13110☆ams.odn.ne.jp】まで直接どうぞ。(☆を@に変えて下さい)

ここまで読んでくださりありがとうございます!
少しでも興味がある方とご縁が出来たらうれしいです。

伊里恒一