落ちたら死ぬ!断崖絶壁サイクリング!デスロードツアーまとめ【ボリビア ラパスのアクティビティ情報】

おトクな情報をLINEでお届け!
特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

こんにちは!いざぽんです。

今回、仲間で中南米一周中に参加した、ボリビア ラパスでの「デスロードツアー」をレポートしてみたいと思います!

デスロードツアーとはマウンテンバイクに乗って、断崖絶壁を走るアクティビティです。
一歩間違えば死ぬ、絶叫のツアー体験をまとめてみました!

デスロードツアー

ボリビアにあるデスロード(ユンガスの道)は世界最悪の道路と言われています。
全長約63キロの道路で、道幅はバス1台がギリギリ通れる程度。

「三菱アウトランダー」のCMを撮影したことでも有名です。
大迫力のデスロードを活かしたCMを参考までにご覧ください。

ガイドいわく、年間200〜300名が崖から転落して亡くなっているそうです。
でも「ほとんどがタクシーかトラックなので、自転車は少ないから安心してください」とのこと・・・(汗)

そんな最恐のツアーに、男子2名と女子4名の合計6名でチャレンジしてみました!

予約方法

前日にツーリストオフィスでデスロードツアーの予約をしました。
ツーリストオフィスは横並びで2件あり、比較検討しました。

左がCONFORT TOURS、右がVICUNA TRAVEL

いざぽん
どちらも似たような値段と内容でしたが、旅仲間の女子メンバーは最後に貰えるTシャツのデザインが重要だったようで、「CONFORT TOURS」の方で予約しました。

CONFORT TOURSの連絡先

料金

マウンテンバイクの種類によって、ツアー自体の値段も変わるシステムです。
まず好きなマウンテンバイクを選びます。

  1. 路面からのショックを吸収するサスペンションがサドル側とハンドル側に付いている最新マシーン。 480BS→460BS(約7610円)
  2. サスペンションがハンドル側に付いてるタイプ420BS→400BS(約6618円)
  3. サスペンション無し370BS(約6122円)
  4. Economicタイプ320BS(約5294円) これはほぼママチャリのようなもの(笑)
いざぽん
やる気満々の男子2名は、①の最新マシーンをチョイス。女子4名は②のタイプをチョイスしました。

上の写真が①、下の写真が②のマウンテンバイク

ツアー料金に含まれるもの

装備一式

  • ガイド
  • ツアー中の写真、動画
  • Tシャツプレゼント
  • ミネラルウオーター2本、コーラ2本、バナナ、スナック
  • 朝食のハンバーガー、ランチビュッフェ
  • 装備一式(ヘルメット、サポーター、ジャンバー、パンツ、手袋)

ツアー内容

翌日8時00分宿に、マウンテンバイクを屋根に載せたマイクロバスが迎えに来てくれました。

送迎バス

8時10分、オフィスでヘルメットのサイズ合わせをします。
僕は「自前のGOPRO」を装着できるヘルメットをチョイスして貰いました。

オフィス内で試着

オフィス出発後、9:00ラパスの隣街のバスターミナルで約15分のトイレ休憩をとりました。

バスターミナルにはほかの大型バスもとまっている。

公衆トイレの外観

トイレのチケット。トイレットペーパーつき

いざぽん
南米の公衆トイレは大抵、小銭が必要です。ここではトイレに0.5BS(8円)払いました。
もれなくトイレットペーパー30センチが付いてきます。
再びバスに乗り込み、朝食として「目玉焼きの入ったハンバーガー」が配られます。
更にバナナ、スナック、コーラも貰いました。

無料のハンバーガー

こちらのバナナとスナックも無料

バスの中での朝食後、ヘルメット以外の装備を渡されます。

バスの中で装備を配布

そして、死んでも自己責任ですと書いた用紙にサインをさせられます。

誓約書【クリックで拡大】

出発地点

道中の風景

どんどん山の上に登っていきます。
ラ・クンブレ(LACUMBRE)標高4700メートル地点に到着。

スタートポイントは標高が高い分、息が白くなるほど肌寒いです。
僕はスタート時には、トレッキングパンツ、薄手のフリースの上にサポーター、その上にパンツ、ジャンバーを着ていました。

スタッフがマイクロバスからマウンテンバイクを降ろし、ヘルメットなどの装備を渡していきます。

マウンテンバイクを降ろすスタッフ

雲の上のスタート地点

いざぽん
雲の上の高さから、自転車で駆け下りるなんて最高‼︎
どんどんテンションが上がって来ました‼︎

準備ができると安全説明が始まった

ガイドからのセーフティートークを聞きます。

  • マウンテンバイクの操作説明:
    左手側のブレーキが前輪タイヤのブレーキ。
    左手側のブレーキだけかけると、後輪タイヤが浮いて転倒します。
    右手側のブレーキが後輪タイヤのブレーキ。
    右手側のブレーキだけかけるとスピンしてしまいます。
    左手側のブレーキ4 対 右手側のブレーキ6の割合いで掛けましょう。
  • デスロードでは、谷側に片足をつかないこと。そのまま谷底に落ちてしまいます。
  • 前の人にならんで一列に下りましょう。
  • ジャンプ禁止、ウイリー禁止、手放し禁止など

約10分ほど説明を聞いた後、いよいよツアースタートです!

みんなでデスロードを制覇するぞ‼︎ オー‼︎

スタート

並んでスタート

標高4700メートル LACUMBRE のスタートポイントから、標高1200メートル YOLOSO のゴールポイントまで一気にダウンヒルします。
総距離なんと63キロ。

まずはアスファルトで舗装された道を爽快に下ります。
僕はミニスピーカーをウエストポーチに装着して、音楽ノリノリで走る。

いざぽん
最初の休憩ポイントで、ガイドに「パーティーバイク」と言われました(笑)

デスロードに突入

デスロードはここから

舗装された道から砂利道に代わり、いよいよここからデスロードです。

アヤちゃんは、自転車が苦手らしくここでリタイア。
バスに乗り込み後ろから追いかけてきます。

カズさんはスタートからぶっ飛ばしていたので、僕もスピーカーやリュックをバスに預け、本気モード!
死なない程度に楽しもうと思いました(笑)

この細い道がデスロード

小さく見えるのがマウンテンバイク

ガイドがポイント毎に、止まって危険な場所を説明してくれます。
特に「滝が落ちている場所」は、道路が滑りやすく一番の危険ポイントらしいです。

デスロードツアーに参加した人が2年間で3名、このポイントで亡くなっているそうです。
お墓も道路脇にありました。

滝が流れ落ちてくる場所

女子3名は後ろからゆっくり走ってきます。
僕はバイク好きのカズさんと一緒に、常にガイドの後ろにピッタリついて爆走していました。

ガイドが、ジャンプしたらカズさんもジャンプ‼︎
僕も負けじとジャンプ‼︎
ガイドも楽しみたいのか、飛ばす飛ばす。

2回ほど道から外れてオーバーランしそうになりました。
とっさに後ろ荷重にしてお尻でブレーキをかける形でギリギリ止まることが出来てセーフ!

谷側のカーブはオーバーランすると死ぬので控えめに、山側のカーブはギリギリのブレーキングで攻める!

これがデスロードの攻めかただと分かってきました。
後ろを見ると誰も見当たりませんでした。

休憩ポイント

崖の上に座り込んで「ハイチーズ‼︎」

休憩ポイントから最後のポイントまで、通常1時間のところ、僕らは20分で下ってきたようです。
この休憩ポイントから約9キロ先にゴールがあります。

ここまでくるともう汗でベトベト。

女子メンバーも1時間くらいで最後の休憩ポイントに到着。

引き続きゴールを目指します。

川の流れているポイントを通るときは足を上げましたが、水が跳ねて足首までびちょ濡れになりました(泣)

最後の最後、ゆるい上り坂でカズさんが、「ギアが代わらない‼︎」と叫び失速していきました。
その間に僕が一位でゴール(笑)
ゴールした時間は14時でした。

ゴール

ゴール地点

ゴールした時に、シャワーを浴びる為のバスタオルを渡されます。
タオルが帰りのチケットがわりだから、乗り込む時にスタッフに渡してね」ということ。

川に行くことも出来る

川で泳いだりできるみたいですが、雨が降ってきたし泳ぐのはやめにしました。
シャワーも宿に帰ってから浴びることに。

レストラン

僕らはレストランに入ってビュッフェランチをいただきます。
チキンが美味しくておかわりしてしまいました。

チキンが美味しい

みんなで集合写真。ペルー名物リャマポーズらしい(笑)

あれ、カズさんがいないと思ったら、ハンモックで寝ていました。
まだ1時間くらい休憩時間が余っていたので、僕もハンモックで疲れた身体を癒しました。

敷地内にはハンモックがあった。

帰りは16:00にバスに乗り込み、ラパス市内に向かいます。
18:30にラパスのツアーオフィスに到着して解散となりました。


無事に生還し、デスロード達成のご褒美「デスロードTシャツ」をゲット!!

デスロードTシャツ

そしてガイドからは「僕らの勇姿を撮影してくれた動画と写真」を頂きました。

データCD

いざぽんからのアドバイス

デスロードツアーをおもいっきり楽しむには、服装と持ち物が重要です。

僕はツアーから帰ってきたら、喉をやられていました。
砂ぼこりが凄いのでマスク、メガネは持参して行きましょう。

服装は、始めは厚着をしておき、下るに連れて薄着にできるようにしましょう。
バスは常に後ろからついて来ているので、荷物の預け入れが出来て便利です。

水溜りも走るので濡れていい靴を持参しましょう。

メンバーの感想を紹介します。参考にしてみてくださいね!

カズさん
デスロードツアー、スリル満点で楽しかった。
ずっと下り坂だと思っていたけど、ゴール直前のラスト100メートルくらいが上り坂でしんどかった。下りだけならまだまだ走れりたかった。
あやちゃん
最初の舗装道路でスタート直後にみんなに置いていかれ、ガイドにも置いて行かれ淋しかった。
デスロードからは自転車は辞退し、バスに乗り込み、みんなを応援しました。
スーちゃん
最初のアスファルトの道路でも怖かったのに、途中で砂利道に代わり、一歩間違えたら死ぬんだなと実感した。
ただただ油断しないようにと常に考えていたら、1番最後を走っていました。
無事にゴールした時には、みんな生きてて良かったと思いました。
さきちゃん
一人旅ではこんな経験できないので、ほんと体験できて良かったです。
命を落とした人もたくさんいますが、慎重に走れば大丈夫だと思いました。
下り坂ばかりなので足は楽だけど、ハンドルを持つ手が常にブルブルで、いいシェイプアップになった。振動で筋肉をつけ、余分な脂肪を落とす、腕のダイエットにお勧めです。ガイドの人も陽気で親切でした。
あっちゃん
ゆっくり走るより、勢いで走る方が楽だったので、中間グループのあたりを走っていました。途中の絶景が凄くて、途中途中でガイドさんが写真や動画を撮ってくれていたので、後からみんなで観るのが楽しみです。
富士山より高い場所からのダウンヒルを体験できて良かったです。

メンバーも楽しんでくれていたようです!
デスロードツアー、スリル満点でおすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

この記事では2017/1/22に訪れた際の情報を載せています。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!
なにか質問がありましたら、お気軽にメールフォームよりご連絡下さいね。

僕たちの世界一周をクリックで応援していただけると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





この記事をシェアする

「ナッツベリー みんなで世界一周計画」をお友だち登録してね!

おトクな情報をLINEでお届けします!

特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

ナッツベリーでは世界一周飲み会アウトドアイベント・ツアーを定期的に開催♪ LINE@メンバーになって仲間とイベントを楽しもう! 仲良くなれば一緒に旅に出るメンバーも見つかるかも★ あなたのご参加をお待ちしています!

ABOUTこの記事をかいた人

いざぽん(代表)

2016年11月~2017年4月までの約半年間、仲間を募って中南米一周してきました。 夏のシーズンは、アウトドアクラブNuts(ラフティングカンパニー)の代表を務めています。オフシーズンはアウトドア系社会人サークルのイベント(ボードツアーなど)行っています。また、ラフティングトレーニングやアウトドアの遊びの研究をするため、海外に出かけたりしています。 旅やアウトドアに興味がある方はぜひお友達になりましょう♪