バックパッカーの予防接種について

おトクな情報をLINEでお届け!
特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

世界一周する際に予防接種は必要?

shutterstock_225727018

予防接種は、ヨーロッパ・北アメリカだけ旅する人にはそう必要ないだろうが、東南アジアやアフリカや南米など病気にかかりやすい地域に訪問する場合は受けておいたほうが安心。
必要最低限な予防接種は受けた方がよい。
予防接種は2回以上受けなければ効果がないものもあり、接種間隔も3~4週間必要なものが多いため、出発ギリギリでは間に合わないので早めに受け始める方がいい。

予防接種の証明が必要な国もある

shutterstock_154769528

アフリカ地方、東南アジアの一部地方、南アメリカなどを訪問する人は黄熱病の予防接種が必須だ。
黄熱ワクチンの接種済み証明書を入国時に要求する国や、帰国時の乗り換えの時に要求する国もある。
南米一周ルートでは黄熱病の予防接種の証明書の提示を求められることはなかった。
ボリビアの一部の地域(アマゾン方面)に行かない場合は必要ない。(2017/3 現在)

いざぽん
ちなみに私は、東南アジアやアフリカに行く際に、A型肝炎・破傷風・狂犬病・日本脳炎・黄熱病は受けて行った。
必要な予防接種を出発の2ヶ月前から3回に分けて受けに行き、最後に黄熱病の予防接種を出発10日前に受けに行った。
しめて4万4350円かかった。
予防接種の必要性と主な種類
予防接種は、自分自身を感染症から守り、周囲の人への二次感染を防止する為に必要である。その他に、ワクチン接種済み証明書を要求される特定の国(主にアフリカや南アメリカの熱帯地域の国)では、黄熱ワクチンの接種済み証明書を提示しないとその国に入国できない。また、黄熱の汚染国からインドや東南アジアの国へ入国するときにも、黄熱ワクチンの接種済み証明書を要求されるので、帰国時の乗り換えの時にこれが必要になる場合がある。
ワクチン接種は余裕をもって早めに計画する!一種類のワクチンでも数回(2~3回)接種する必要のあるものがある。(最低出発3か月以上前から受けていかないと間に合わない場合がある。)

【破傷風】
破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在する。

【A型肝炎】
A型肝炎は食べ物から感染する病気で、アジア、アフリカ、中南米に広く存在する。発症すると倦怠感が強くなり、重症になると1か月以上の入院が必要となる場合がある。

【狂犬病】
狂犬病は、発病すればほぼ100%死亡する怖い病気。
海外では、イヌ以外の動物に咬まれることによって感染する危険性も高い。

【日本脳炎】
日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有する蚊の刺咬によって起こる重篤な急性脳炎。死亡率が高く、後遺症を残す例も多くみられている。

【B型肝炎】
以前は輸血や医療従事者の注射針による針刺し事故など血液を介した感染が問題とされていたが、現在ではB型肝炎(活動期)の母親から生まれる新生児期を中心とした持続感染(慢性化)と、思春期以降の性行為(唾液や体液の濃厚接触)を通じた一過性感染の2つが主な原因となっている。

【ポリオ】
南アジア、中近東、アフリカへ行く人は追加接種を。
ポリオはポリオウイルスによって起こされる急性の麻痺を主徴とする疾患。

【黄 熱】
黄熱は蚊によって媒介されるウイルス性の感染症で、致死率は5~10%だが、流行時や免疫をもたない旅行者などでは、60%以上に達するという報告もある。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!
なにか質問がありましたら、お気軽にメールフォームよりご連絡下さいね。

僕たちの世界一周をクリックで応援していただけると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





ABOUTこの記事をかいた人

いざぽん(代表)

2016年11月~2017年4月までの約半年間、仲間を募って中南米一周してきました。 夏のシーズンは、アウトドアクラブNuts(ラフティングカンパニー)の代表を務めています。オフシーズンはアウトドア系社会人サークルのイベント(ボードツアーなど)行っています。また、ラフティングトレーニングやアウトドアの遊びの研究をするため、海外に出かけたりしています。 旅やアウトドアに興味がある方はぜひお友達になりましょう♪