78.みんなで世界一周計画 シリア編 水車の町「ハマ」の巻

おトクな情報をLINEでお届け!
特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

水車の町「ハマ」の巻

ダマスカス滞在2日後、『アルハラ・メインホテル』を10時に出発し、市内の『ハラスターバスターミナル』から大型バス(90ポンド=約225円)に乗って水車の街ハマに向かった。

荒野を走り続けると西の方角にはレバノンの山々が連なって見えた。

その山のピークから谷にかけて降り積もっていた雪を見て、オラは急に寒気を感じ、そろそろ次の街で冬着の購入を考えないといけないなぁと思った。

そしてハマのバスターミナルには11時に到着した。
そこからセルビス(30ポンド=約75円)で約10分『リアドホテル』(一人1泊213ポンド=約533円)に向かった。

宿に荷物を置くとまずは街探索である。
ハマは、街の中心にオロンテス川という小川が流れており、川沿いには大きな水車が回っているのが特徴だ。
川の近くには、森林や小さな公園もあり、とても静かなところである。

そしてこの街ではハマロールというロールケーキが有名であった。大阪の堂島ロールのパクリか? と思ったが、食べてみると、これが結構いけるのである♪ 
是非お土産にと思ったが、ケーキなんか日本に送れるはずもなかった。

オロンテス川沿いをしばらく歩くと、4つの水車が見えてきた。それを見てふと日本の古い田舎の景色を思い出した。
しかし近か寄ってみるとそれは日本で見る水車よりもはるかに大きく、圧倒的な存在感をもって僕らの前に立ち塞がった。

夕日をバックに直径20メートルの巨大な水車がゆっくり回りながらギシギシと重い音を立てている様子は、まるで巨大な黒い生き物が泣き声を出すかのように、身体の奥に響き渡ってきた。

僕らは橋を渡り、川の反対側の道を通って他の水車も見に行くことにした。
ところがどうやら小さな村に迷い込んだみたいだ。あたりもだんだん薄暗くなって来た。

村の一角に明かりの灯った小さなお店が見えたので、店の人に水車のある場所を教えてもらいに行った。
小さなお店はどうやら駄菓子屋さんのようである。
店内には二人の男性が椅子に腰掛けて喋っていた。

僕らが道を尋ねるとふたりのお兄さんが、一緒に付いて行ってあげるよと言ってくれた。
ふたり揃って店をほったらかしで道案内をしてくれた。

店は開けっ放しなのにお客が来たらどうするのだろうとオラは不思議に思ったが、親切なお兄さん達は、そんなのお構いなしの様子だった。

しばらく歩くとお兄さん達は途中で場所が解らなくなったのか、すれ違った別の人達に場所を尋ねだした。
何故かその人達も道案内に加わった。

大人数でワイワイ歩いていると、今度は見た目が15~6歳の若者の男の子達が、近寄ってきて興味があったのか後を付いて来るようになった。

結局、水車に着く頃にはなんと、僕らは20人近くで大移動していた。どうやらこの国の人達は、親切心はもちろんのこと、興味のあることを優先に行動しているように思えた。

小さな広場にはオレンジ色の光でライトアップされた水車があった。
ところがそいつは全く動いていなかった。

僕らは遊び心で水車を回すことにしたが、近くで見るとそうとうでかく、2~3人の力では重くてびくともしなかった。

オラが水車の頂上までよじ登ると、他のみんなも加勢に入り、日本語で「いっせいのーで」といって一気に水車に体重をかけた。
するとギシギシと音を立ててみごと水車が回りだした。

「バンザーイ!!」大人も子供もみんな無邪気だった。言葉が通じないことを忘れる瞬間であった。

水車で遊び終わった後、若者達が目の前にある画廊を指差し、寄っていかないかと誘ってくれた。

中に入るとアバーヤを着たお姉ちゃんが対応してくれ、みかりん達は楽しそうにお姉ちゃんと絵画を見ながら会話をしていた。
オラはあまり絵画には興味がなかったので、ここに連れて来てくれた若者達とジェスチャーで会話をしながら遊んでいた。

しばらくしてみかりんが、明日お姉さんが家に招待してくれるらしいから行って来ていいかなぁとオラに訊いてきた。
女性メンバーだけで行って来るとのこと。

「え~、僕らもお姉さんの家行きたい!!」とダダをこねてみたが、男性陣はダメだと言われた。

アラブの女性は身内の男の人以外に素顔を見せてはいけないので、外では黒頭巾で目元以外は隠しているのだそうだ。
そのため、男の人はめったなことがないかぎり家には呼べないらしい……。

翌日、お留守番で寂しそうにしている僕らをよそに、女性メンバー達は画廊のおねえさんの家に遊びにいったのであった。
夜、女性陣達が宿に帰ってくると、嬉しそうに、色々話してきた。

綺麗なお家で、画廊のお姉さんの素顔も凄く可愛いかったと言っていた。

いいなぁ、僕らも可愛いお姉さんのお家に遊びに行きたかったなぁ……。

そして帰りに女性人みんなにお土産もくれたようだ。スカーフや洋服など……。

女性陣が喜んでいる中、めぐみちゃんだけ少し不満そう。
「なんかなぁ、私だけペットボトルで作ったへんな置物やねん。

せっかくもらった物やから捨てられへんし、旅に持ち歩くのは邪魔やねんけどなぁ……」
見ると、確かに子供が工作で作ったおもちゃであった。

mika 229みかりんと4つの水車。レストランの奥の庭からだとすぐ近くで見える
IMG_0436画廊のおねぇちゃんのお家にて。右からめぐみちゃん、画廊のねぇちゃん、みかりん、マッキー
コラム クラック・デ・シュバリエとビーハイブ見学ツアー
ハマで宿泊した宿のツアーに参加しクラック・デ・シュバリエとビーファイブ(蜂の巣に似た)泥でつくられた住居を見に行った。

クラック・デ・シュバリエは、十字軍によって建設され、その後イスラム勢力の手に落ちたお城である。
城内へ侵入するための攻城塔や、カタパルトによる投石を防ぐため、山頂に築城され、周囲は即斜面となっている。
城の内に入ると兵士の寝床、水洗便所、礼拝堂などがあり、見張り台に登ると内部の全景が一望できる。

ハマを8時に出発し、15時に帰ってくるツアーである。
料金350シリアポンド
 
PIC_0856クラック・デ・シュバリエの城は、天空の城ラピュタのモデルとなった城だという噂

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!
なにか質問がありましたら、お気軽にメールフォームよりご連絡下さいね。

僕たちの世界一周をクリックで応援していただけると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





この記事をシェアする

「ナッツベリー みんなで世界一周計画」をお友だち登録してね!

おトクな情報をLINEでお届けします!

特典1 ナッツベリーの世界一周飲み会などのイベント情報をいち早くお届け!
特典2 イベント参加時に使えるお得なクーポンを抽選でプレゼント!
特典3 LINEトークにてご質問やご相談を気軽にしていただけます!

ナッツベリーでは世界一周飲み会アウトドアイベント・ツアーを定期的に開催♪ LINE@メンバーになって仲間とイベントを楽しもう! 仲良くなれば一緒に旅に出るメンバーも見つかるかも★ あなたのご参加をお待ちしています!

ABOUTこの記事をかいた人

いざぽん(代表)

2016年11月~2017年4月までの約半年間、仲間を募って中南米一周してきました。 夏のシーズンは、アウトドアクラブNuts(ラフティングカンパニー)の代表を務めています。オフシーズンはアウトドア系社会人サークルのイベント(ボードツアーなど)行っています。また、ラフティングトレーニングやアウトドアの遊びの研究をするため、海外に出かけたりしています。 旅やアウトドアに興味がある方はぜひお友達になりましょう♪